Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

洗顔料に弱酸性を求めるべきか?論理的に解説してみる

今日ドラッグストアに行きました。
そこで見かけた弱酸性の文字。




弱酸性と書かれた洗顔料を見て、
弱酸性について語りたくなった・・。



ただそれだけの理由ですが(笑


わたし自信、洗顔に弱酸性を求めるのには疑問が・・
今日はちょいと真面目にお話していきますね。



nayam


そもそも「弱酸性は肌に優しい」と言われている原因って?

昔からTVのCMでよく見かけていたこの
弱酸性という言葉。



どうして「弱酸性は肌に優しい」とされているのか。




答えは簡単。


それは肌が弱酸性だから



ここまで聞けば、


「ほら!
やっぱり肌が弱酸性、
洗顔料も弱酸性なら
肌に優しいわけじゃん!」




そう思われるかもしれません。



かもしれませんが、
ちょっと考えてみてください。


洗顔料っていうものは、
水を足して泡立てます。



水は中性。



中性の水で泡立てている時点で、
弱酸性が中性に傾くことになります。





その時点で肌は弱酸性、
洗顔料は弱酸性より中性に傾いた状態


弱酸性が肌に優しいと言われるところの疑問の一つはこれです。


泡立てた時点で完全な弱酸性ではなくなってること。







え?理屈っぽい?



まだあるんです、
洗顔に弱酸性を求めるのに疑問を持つ理由が。

肌に備わっている力

肌は生きています。
そして肌には自分でキレイになる力が備わっています。


その力の一つに、
アルカリ中和能という、
肌への刺激に対する保護作用があります。



これは弱アルカリ性を、短時間で弱酸性に戻すという力。

これが備わってる時点で、
洗顔料に弱酸性を求める必要はありませんよね。




そしてもう一つ。



肌が弱酸性なのは、
皮脂と角質(アカ)。


弱酸性の洗顔料では、
弱酸性である余分な角質や皮脂、不要なものが取れにくい。


弱酸性の真逆である弱アルカリ性の洗顔料のほうが
汚れをきちんと落とすのに適しているわけです。




弱アルカリ性の洗顔料を使っても、
先ほどお話したアルカリ中和能のちからで
数分で弱酸性の肌に戻るので心配は要りません。




きちんと汚れを落とすための洗顔。
しっかり落とすことを目的としているのなら、
弱酸性にこだわる必要はないわけです。




歳を重ねるごとに遅れがちな
肌の代謝を
正常な周期へと手助けするためにも、
余分なものは落とすべき。


汚れを落とすことに重点を置くのなら、
ちょっと見方を変えてみても良いかもしれません。










Facebookでコメント

Return Top