Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

ホントは嫌…シミ予防のためだけにサングラスをかけてるあなたに朗報


年齢を重ねるにつれて、
美肌を目指すなら紫外線に気をつけよう!なんてことがあちこちで言われます。


実際、紫外線はシミやシワの原因にもなるし、
美肌を目指すわたしたち女子にとって大敵であることは、間違いありません。


目から入る紫外線を気にしすぎて、
サングラスが欠かせない女子と出会ったので、
今回はそんな話題です。




いつからか、紫外線は目からも入る。なんてよく言われるようになりました。

ファッションでサングラスをかけるのはわたしは全く否定もしないし、
似合ってればカッコイイわけで、うらやましくもあるわけですが・・


紫外線を気にするあまり、
とりあえず数値の高い日焼け止めを塗りたくり、
目からも入ると知れば、紫外線カットのサングラスを手放せない。

そんな女子が意外と多いことを知ったので、
そのあたりをお話したいと思います。


そもそもよく言われてるのは、
紫外線は目からも入るから、
肌の紫外線カット(日焼け止め塗布)だけでは、シミが防げない!というものですね。



目に紫外線を当てると、“皮膚全体”のメラニンが増加する。


これは、とある研究でのマウス実験で、
耳に紫外線を当てたマウス、
目だけに紫外線を当てたマウスとを比較して、
メラニンの発生量を調べた結果から言われているようです。


でもこれ、ちょっと誤解が多いよう。


目に当たる紫外線の炎症が原因で、
その炎症を脳が察知し、メラニンを作れと指令が出る。
目に当たった紫外線すべてが、肌に悪さをするわけではありません。


だから、晴れてる日に必ずサングラスをかけないといけないということは、ない。


紫外線が強い日に、丸一日外にでて、目が痛くなったり赤くなったりすることがあると思います。
これが、目が紫外線によって傷ついた証拠。


毎日、そんなに紫外線の影響で目が痛くなることはないので、
例えば海に行った時、真夏日の試合の応援とか。
そんな時は、紫外線の目へのダメージも、気にして損はありません。


目に炎症が起きるほどの刺激でなければ、
特に気にしすぎる必要はないわけです。



であればやっぱり、日々の日焼け対策が大事。


日傘を使ったり、日焼け止めをこまめに塗ったり。
そんな日頃からの心がけが、やっぱりいちばん大事ですね。


ファッション要素なしで、日焼けしたくないがために
どうしてもサングラスが欠かせない。。


そんなあなたに、ちょっとしたアドバイスでした。



PS:

美肌を育てるためのお手伝いとして、無料メルマガ発行しています。
ご登録はこちらから。
http://cosme-review.com/url/lnk/blmm/



Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top