Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

角栓ってナニモノ?意外と勘違いされやすい、角栓の正体とケア方法

kakusen

鼻周りの角栓、といったら、
イメージできない人はいないはず。

小鼻まわりの肌悩みはとても多くて、

:毛穴が開きまくってる
:角栓が目立つ
:毛穴がつまってしょうがない
:毛穴の黒ずみが気になって汚い

などなど。


この記事を読んでくれてる人の中に、
わたしは気にならないわ〜★なんて人はいないかもしれません。



それほどに、小鼻の悩みは永遠の悩み。
今は女性だけにとどまらず、男性も悩んでる人が多いみたい。



わたしの元に送られる相談は、
小鼻の悩みの中でも角栓がダントツに多いです。


というわけで今日は、小鼻の悩みの中でも、
”気になる角栓”についてお話していきたいと思います。




相談の中でよく言われるのは、
白い角栓が見えている!というもの。

想像つくでしょうか。
小鼻を爪で挟んだら、ムニューって顔を出す、あれですね。


一時期一世を風靡した”毛穴スッキリパック”も、角栓が気になるからやる人が多いわけです。



角栓ってなにかわかってますか?


角栓ってあの白いムニューって出てくるやつのことを言いますが、
これって実は、”名前を変えた、角質”です。

はがれかけた角質のことを、「角栓」というわけですね。


小鼻の角栓ってやつは、
肌から分泌される皮脂、化粧品の汚れなどが絡まって、
それに輪をかけて酸化することで落ちにくくなる。
それが、毛穴に蓋をしちゃうので、
結果、毛穴が詰まった状態になる。。というわけです。


角栓自体が皮脂の詰まりのことを指すわけではないので、そこは誤解のないように。

漢字をみたらそのままですが、「角質の栓」が、角栓です。



角栓は剥がしちゃならぬ!なんてよく言われてはいるものの、
なんでいけないのか、わかってない人が多い気がしてます。


ちゃんとした、剥がしちゃいけない理由があるんですね。


気になるからこすりたくなる気持ちはよーくわかります。

コレさえなかったら、キレイに見える。
角栓を押し出したくなる衝動に駆られる理由も、よーくわかります。


でも、ダメなんです。


角栓を剥がしちゃダメな、その理由


いくつか理由があるので、それをお話します。

理由1 くっついている角質まで剥がしてしまう。


さきほどもいった通りで、角栓は、はがれかけた角栓のこと。
「はがれかけた」ってことは、完全に剥がれているものではないってこと。

そして、そのはがれかけた角栓には、まだ剥がれていない、くっついてる角栓が隣り合っています。



理由2 はがれかけの角質を増やしてしまう。


どういうことかっていうと、その場はキレイにしたつもりでも、
時間が経過すれば、また同じ、ということです。

はがれかけの角質を増やして、新たな角栓を作ってしまう。
だから、角栓は次から次へとできてしまうわけです。


角栓は取り除いても、次の角栓をまた作り出す。
この悪循環は角栓を取り除く限り続いてしまいます。




角栓は自然と取れるもの


何度もしつこくて恐縮ですが、
角栓とは、「はがれかけた角質」のこと。
はがれかけてるってことは、いずれは自然と剥がれていくもの、です。


「いやいや、わたしの小鼻にはずっと角栓がいる!」という方もいるかもしれないけれど、
それは、角栓が剥がれても、次の角栓が出てきてるという状態。
次から次へとできてしまうから、ずっとある状態が続いているだけ。



ターンオーバーが乱れているがためにできてしまう、角栓。


肌が健康に育つことでのみ、解消できる問題ともいえますね。


角栓を見つけては絞り出すケア方法ではなく、
できれば、そっとしておいてあげること。


気になる角栓除去を我慢して、
日々の肌の変化に目を向けながら、
スキンケアに励むこと。


それが、角栓のない小鼻づくりへのスタートです。




Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top