Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

気になる鼻の毛穴汚れを一掃!重曹洗顔をやってみた結果

重曹は、掃除や洗濯などの
汚れを落とす意味で使うことで知られています。

その重曹を美容に取り入れられるというのは、
もう既に知ってる人も多いはず。

重曹を使って頭皮ケアができること

重曹を使って炭酸パックができること

これは以前検証、実証済み


前に「重曹を水と混ぜて毛穴の掃除ができるよ」っていうのを聞いて
試したことがありますが、
掃除用の重曹で試したのがダメだったのか、
擦ったのがダメだったのか、
ヒリヒリしてやれたもんじゃなくて。
自作炭酸パックはマメにしているものの、
もっと簡単に毛穴をダイレクトに一掃できるものはないのかなと探していた矢先。
重曹洗顔ってものを発見!
ここ4日ほど炭酸パックをサボってて毛穴に汚れを貯めてたので(笑

早速やってみました。

重曹洗顔ってなに?

名前だけ聞くと、
重曹を顔にこすりつけるイメージがなんとなくありますが、
洗顔の泡に重曹を混ぜるだけっていう簡単かつ刺激も少なそうなもの。
水でペースト状にしてパックするよりは、肌に優しそうな感じがしますよね。

重曹洗顔で準備するもの

  • 重曹小さじ1弱(適当でOK)
  • 普段使ってる洗顔
これだけです!!
※ここで使う重曹は、掃除用はおすすめしません。

重曹洗顔やってみた

重曹洗顔やってみてこんなにスッキリしたよ!^ー^
なんて言っても違いがわからないので、
普段通りの洗顔と、重曹入りの洗顔とでどう違うのか比べてみます
朝の洗顔前の汚い毛穴をご覧下さい(笑
※キレイなものではないので、自己責任でお願いします。

2014-02-12 13.32.15 2014-02-12 13.31.34 うわ~・・ヒクわぁ~・・
毛穴、栓しちゃってますよね、ビッシリと!
キッチリ詰まってます!!
朝一の自分の肌を拡大レンズで見たのは初めてで、正直ドン引き
これを参考に、以下ご覧ください。
まず普段通りに洗顔してみた
ずーーーーーっとしっとりタイプの洗顔フォームを愛用してたんだけど、
しっとりタイプの落とし穴というのを知ってから、
そのお気に入りは家族に譲り、わたしは固形石鹸を使っています。
泡だてーの、
2014-02-12 13.34.04 洗いーの。
そしたらこれ↓
2014-02-12 13.38.34これだけ毛穴が詰まってると、
洗顔だけで「スッキリサッパリ!」なんてことは厳しいようです。
重曹を混ぜた洗顔を使ってみる
ではここで!
重曹洗顔をやってみましょう。
    • 泡立てた洗顔に、重曹を小さじ1ほど加える。
2014-02-12 13.39.19
    • 混ぜる。
意外とすんなり混ざりました。
手のひらにザラザラした感触があります。
  • たっぷりの泡で泡を転がすように洗う。
指で肌をこするのはダメです。
泡を転がすイメージで。
そして洗い流すとこれ↓2014-02-12 13.42.07 毛穴がみえない!なんてことはないんだけど、
肉眼でみても明らかにキレイになってるのはわかります。

そして拡大画像はこちら↓
2014-02-12 13.45.32
一掃されとるうう!!
すっげぇええ!!

いつも肌画像を載せてる時はUゾーンばかりなので、
毛穴の詰まりを晒すのは初めて。
汚くてごめんなさいね?(笑
重曹を加えるだけでこんなに違うとはオッタマゲました。


わたし自身、掃除用を使って水と合わせてペースト状にして使ったことがありますが、
ヒリヒリしちゃって化粧水も滲みちゃったなんていう過去があるので
ここは食用か薬用がお勧めです!
ちなみにわたしが使ってるのはこれ。↓

食用グレードの重曹でも高い安いはありますが、
これは安め。でも粒子は掃除用と比べて細かく、使いやすくて重宝しています。
重曹は
炭酸パックや頭皮ケア、毛穴ケアや角質ケアにも使える優秀なモノ。
ひとつ持っておいて損はないですね♪





にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top