Read Article


【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

水素に目覚めたわたしの、美肌にまつわる秘密の話。

わたしは今まで、たくさんのお金を美容に投資してきました。

きっとあなたも同じはず。

そこに後悔があるわけでもないけれど、
今まで使ってきたお金を計算してみたら
多分ひっくり返るだろうなっていうのは、どうでもいい話ですw



「すっぴんは変えられないけど、女は ”化粧”で化けられる。」

この概念にとらわれて、メイクの仕方を勉強しにコスメカウンターに通ったりしてた時代もありました。


そこから何十年という日が経って、いやだけどリアルな話、わたしも年を重ねました。
気づけば、”化粧で化ける” という概念が、ちょっと変わってきてて。



メイクで取り繕って隠しても、やっぱり素のキレイさには敵わないし、
年齢を重ねて、若い子と同じように化粧で盛ったところで
目を覆いたくなったりとか、逆に加齢を主張してしまうことになったりもする。


そんな現実と向き合う中で、
良いと思うもの、良いと騒がれてるものはあちこちに目をつけて試し、
今に至るって感じです。
要は、メイクよりも素肌美を目指すための知識を仕入れて、商品を探す、って感じかな。


最近は、コスメの口コミサイトとかは、全く見ることがなくなりました。


理由はそう。
水素水を崇めているからですw
もうほんと、わたしの中では神様です。

これはもう、わたしがどれだけ水素の良さを熱弁したところで、
使ってみないとわからない域の話ですねw



というわけで、そろそろ真面目にいきます。


水素って、目に見えるものではありません。


たとえば炭酸水なら、開ける時にシュッて音が鳴る。
炭酸の度合いが飲まずとも、音で想像できたりしますよね。

1度開封して時間が経って再度開ければ、未開封で開ける時の音の勢いはなくなって、
情けないシュッて音が鳴るわけで、飲むまえに炭酸抜けてるやん・・って想像が容易。

実際に飲めばそれはもっと明確で、味覚として、炭酸が抜けてるかどうかを確認することができます。


時間の経過と比例して、炭酸は抜けていく。


水素も同じで、時間が経てば、抜けていきます。


でも水素の厄介なところは、炭酸のように音で判断することも、味覚で確認することもできないところ。
水素含有量を測るような試験薬などは、今は手軽に手に入りますが、
そうでもしないとわからないというのが、実際のところです。
(せつないけど事実・・)


わたしも使ってみたことがあるけれど、
こんなのが売ってたりします。




水素は分子が小さい。

だから体中に行き届きやすいわけですが、
それがデメリットにもなるわけで、分子が小さいが故、保管が難しいんです。

ビンやプラスチック、ガラスでさえも、封じることができません。


水素水の入れ物として唯一水素を逃しにくいのは、アルミニウム。
なので飲むなら、アルミニウムの入れ物に入った水素水を入手するようにしてください。


一見アルミパウチでも、プラスチックにアルミ被覆だけでは、水素が少しずつ漏れてしまいます。
それが、未開封でも、です。

だから、水素水の販売ページなどには、「充填時」と買いてあったりするわけです。


飲む時には、水素濃度が変わってたりすることは当たり前にあるし、
国民生活センターにも、こんな記述があるくらいです。


開封時の溶存水素濃度を測定したところ、容器入りのパッケージの溶存水素濃度表示に、充填時や出荷時と記載のあった5銘柄のうち3銘柄で、表示値より測定値の方が低い濃度でした。
また、パッケージに表示のない3銘柄のうち、ペットボトルの2銘柄では溶存水素(水素ガス)は検出されませんでした。
国民生活センターHPより抜粋


目に見えないだけに、モヤモヤする部分ですよねw



目に見えない厄介者の水素ですが・・
水素って、めっちゃスゴイですよ。


わたし、水素で変わった1人なので、
なんで変わったのかってことに興味を持つようになり、
”化け学”は好きではありませんが、いろんな本を読んで勉強しました。

そしてさらに、水素にハマりましたw


水素に関する本で、一番のおすすめはこれ。
水素に疑心暗鬼の人は、絶対読んでみてください。
水素を見る目が変わるから。





水素をからだに吸収するには、
サプリだったり、水素水だったり、いろんな方法があります。

わたしの経験談で言えば、
水素サプリは二日酔いが速攻で吹っ飛んだし、
水素水はヨガの前と最中に飲むと、汗の出方が違うし、
いろんな良い変化を実感してきました。

これがそのまま誰にでも同じ実感が得られるのかと言われれば、
そんな保証はできませんが。。。



老化や病気の原因とされる活性酸素。

活性酸素について、わたしもいろいろ記事を書いてきましたが、
活性酸素は全てが “悪” というわけでもなくて、善玉と悪玉があるんだって。

上に紹介した本にも、
体の中の悪玉活性酸素だけを無害化してくれる働きが水素分子にはあるんだって書かれてました。


目に見えないから効果的な話はできないけれど、
でもわたしは自分の経験と体感から、水素を信じ、水素を崇めていますw






わたしの今までの経験上、
水素のなかで一番気に入ってるのは、水素バス(水素風呂)です。

全身の肌にも水素補給ができるし、呼吸から水素が吸収できるから。
何より体の温まり方が全然ちゃいます。

パックシートだけ持ち込んで、顔にシートを貼れば、
水素水パックもお手の物。


わたしが水素風呂にハマった経緯を詳しく書いてるので
ぜひ読んでみてください!!


水素風呂ってスゴイ!一回入ったら、もう離れられなくなった実体験


suiso-mezame



Return Top