Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

からだのUVケア、適当にしてたら「えらいこと」になる事実

「紫外線は目からも吸収される」
これはもう知ってる人も多い話かもしれません。


紫外線を多く浴びれば、
目の病気で言えば白内障になるというのは有名な話ですが、
目から吸収した紫外線は、
目だけにダメージを与えるんじゃなくて
シミの元となるメラノサイトを活性化しちゃうもんだから
肌はしっかりUVケアをしていても、
目が浴び放題では完璧とは言えない・・と言われています。







コンタクトやメガネをしてる人ならUVカット効果のあるものを選んだり、
サングラスでUVカットしたりなど、
工夫が必要かもしれません。




最近はサングラスもいろんな種類が出ています。



売れ筋サングラスをチェック↓






サングラスで注意なのは、
UVカットのないただの色付きサングラス。


これは逆効果
視界が暗くなるため瞳孔が開いてしまうので
余計に紫外線を浴びることになってしまいます。




これでは本末転倒。
「UVカット仕様」を忘れないでくださいね。


BODYに紫外線、顔は大丈夫?


Poolside@Westin Resort
Poolside@Westin Resort / jetalone

そして例えば海やプールに出かけたとき。


顔はしっかりバッチリ日焼け止めを重ねづけ。

でもからだは適当・・なんて人、意外と多いようです。




顔はバッチリUVケアしていても、
からだに紫外線浴び放題では
顔にシミがでることは大いにしてあります。




特に既にシミが出来ている場合、
余計にその反応が高くなるため
今あるシミがなおさら濃くなりやすいという事実があります。




今以上シミを増やさないためには
全身のUVケアが必要ということ





日焼け止めは乾燥する?

これは、だれにでも経験があると思います。



わたしは服を着る前に日焼け止め。
そして服を着て、出かける前に見える部分に重ねづけ。




日焼け止めを塗ったあとにパリっとした感がすることって多いと思いますが、
これは日焼け止めの種類に理由が隠されています。




紫外線には吸収剤反射剤があります。




多くの日焼け止めに記載されているので一度見てみてください。




吸収剤は皮脂や汗を吸収する性質があるので
先ほどいったようなパリっとする感覚はこちらが多いです。
乾燥しやすいのは吸収剤。


代わりに、ムラづきしにくいので、
使いやすいというメリットがあります。





反射剤は肌を乾燥させることはあまりないかわりに、
塗ったときにムラになりやすいので注意が必要になってくるので、
一長一短といったところ。




この辺もしっかり吟味して選ぶことが大切ですね。


シミを作らせない環境づくり、
諦めずに行きましょう!!





今日の戯言:

いやー暑いですね^^;

家の周りで
みんみんみんみん
セミが凄まじい勢いで鳴いております(笑




子供も夏休みに入り、
子供まで
みんみんみんみん言っておりますが、

暑さと子供の元気さに負けないように
わたしも負けじと


みんみんみんみん
輪唱していきたいと思います!!




ってことで、夏休み中はしばしゆっくりペースでの更新になりそうです。



ゆっくりペースにお付き合いいただければ幸いです。






メルマガも随時更新しています。
登録まだの方は是非メルマガ登録お願いします(^-^)

メルマガ登録はこちら


















Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top