Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

全てを白くするわけじゃない!美白化粧品の落とし穴に気をつけろ!

アンチエイジングに勤しむ女子であれば年中美白化粧品を使っている人は多いですが、
これからの時期、紫外線が容赦なく降り注ぐため
美白系化粧品は飛ぶように売れるそうです。


ところで、美白化粧品を選ぶ際に何を基準にして選んでいますか?

基礎化粧品のなかで、美白が一番、曖昧知識の方が多い気がするのは
気のせいではないはず。

あなたの知識は正しい??

一緒に確認してみましょう。


あなたが使っているのは本当に美白化粧品!?

こう聞かれれば、え!?どうだろ・・と不安になったりしませんか?
美白化粧品を選ぶときの基準は、人それぞれ。


でも実際、ネーミングに「ホワイト」という言葉が使われていたり、
パッケージが真っ白でいかにも美白!というイメージに惹かれて
買っている人が多いのは事実なんだそうで・・・。


言うまでもなく、美白化粧品っていうからには
美白成分が入っているものが美白化粧品。

  • 化粧品の名前がホワイトなんちゃら。
  • パッケージが白い!



ただそれだけで、美白成分が入っていないものもあるので要注意です。


美白成分の働きってどんなもの?

ご存知のとおり、
紫外線に当たるとメラニンが作られます。


メラニンが大量に作られることでできるのは?






そう正解!
シミなんですよね。



このメラニン色素が作られる段階で
メラニンが作られるのを抑制する成分が美白成分。
美白成分というのは、
メラニンを抑制する効果がある成分

肌を真っ白にする効果があるわけではなく、
メラニン色素が原因ではない肌の色を白くすることはできないということ。

ニキビ跡などの赤みが残った肌を白くするには
ビタミンC誘導体が効果的で
美白化粧品で効果は見込めませんのでご注意を。





美白成分にはいろいろあって
その成分の種類によって、働きかけるタイミングが違うとされています。

美白成分が働きかけるタイミングをシミが作られる工程ごとにまとめてみた

シミができる仕組みを振り返りながら
どのタイミングで美白成分が働きかけてくれるのか
シミができるまでの工程ごとにまとめてみます。


①紫外線にあたることでメラニンを作る指令が出る
メラニンを作らせる指令物質を抑制する美白成分
  • カモミラET

  • トラネキサム酸

  • t-AMCHA


 など


②メラニンが作られ始める
チロシナーゼ(酸化酵素)が働いてメラニン色素へと変化する段階。
この段階で働きかける美白成分が主の美白化粧品が一番メジャーです。

チロシナーゼの働きを抑制する美白成分
  • アルブチン

  • エラグ酸

  • ビタミンC誘導体

  • トラネキサム酸

  • コウジ酸

  • ルシノール

  • プラセンタエキス

  • 油溶性甘草エキス




など

③表皮細胞へ送り込まれる
通常は、この段階でメラニン色素は角質とともに剥がれ落ちます。
そこで日常的なケアで必要なことは、
ターンオーバーを整えること。



肌の生まれ変わりの周期を正常に整えることも
しみを作らない肌にする基本となります。

洗顔はもちろん、ピーリングも効果的です。


美白化粧品を選ぶときは、
配合成分をしっかりチェックすることを忘れずに!!



美白化粧品は年中使おう!


上に挙げたものは主に使われている成分であり、
全てではありません。

美白成分のどれが効果が高いなどは
人によって効果の出方が違ったり相性もあるので
これがイイ!というのは探して使って、自分の肌で確かめるのが一番です。


美白化粧品は本来、シミを消すことが目的ではなく、
シミを作らせない目的で使うもの。

冒頭でお話した紫外線が強くなるこれからの時期だけ使う!というよりも、
年中シミができる予防として使うことが望ましいわけです。

そこで、美白化粧品を使うに当たって
高価なものを使わないと効果が出ないというわけではなく

たとえば高価だから使い続けられず
たまにしかケアできなくなるくらいなら
使い続けられるくらいの値段で、年中ケアできるほうが
よほど効果は出ます。


保湿においても言えることで、
美容においてわたしが必要だと思うことは継続すること

たまにしかケアできないほど高価な物を使う必要はなくて
日常的にケアできるもの、
無理なくケチらず使える程度の価格で相性の良いものをみつけて
続けてケアをする。

気持ちを込めてケアをする。


それが美容の鉄則のような気がしてなりません。












Facebookでコメント

Return Top