Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

ビタミンCが足りない?こんなサインには要注意!

食事からビタミンC
今まで何度もお話してきましたが、
肌はターンオーバーという代謝機能によって日々生まれ変わっています。


正常周期は28日。
加齢とともにその周期は乱れ、遅れがちになります。
ターンオーバー周期が乱れれば、
古い角質が残ることでくすみを感じやすくなったり
乾燥、ダメージが蓄積しやすくなったり
想像の通りで、肌のトラブルの原因になります。

今年は暖冬で暖かいですが、
本来冬は、血行が悪くなるし、新陳代謝も低下する時期。
それがこのまま肌のターンオーバー周期の乱れに関係してきます。
要は、ターンオーバーが乱れやすい環境が整っているのが冬と言えるわけです。


年を通して感じることは、冬になると特に、
:透明感がない
:張りがない
:肌がゴワつく

こんな肌悩みを持った方からの相談メッセージが増えます。



春夏よりも秋冬。
肌は季節ごとに変化していきますが、
冬のケアは、春の肌に影響します。
冬のスキンケアには、特に乾燥には気を配る人が多いですが、
みなさんお察しの通り、その気づきが大きな分岐点となりますね。


冬の肌トラブルは、
冬の特性でもある気温の低下、それに伴う乾燥から、
肌に必要な水分や皮脂の量が減りやすく、
バリア機能が弱まりやすい。
肌の張り、保湿にも影響するとされるビタミンCは、肌にとっても必要不可欠です。



とはいっても、化粧品だけが全てというわけでもないです。


「代謝を高めるため」という視点から考えてみると、
食生活も立派な肌ケアにつながります。



そこで、ビタミンCが不足しているサインとしてでやすいものを
挙げてみましょう。

あなたもこの機会にチェックしてみてください。


・風邪をひきやすく、またなかなか治らない
・ぶつけた記憶がないのに青あざができることがある
・歯磨き時、出血しやすい
・傷の治りが遅いと感じるようになった
・肌荒れしやすい
・肌のくすみを感じる
・疲れやすい


これらはほんの一例ですが、
当てはまるものが多ければ、カラダのビタミンC不足である可能性が高いです。


ビタミンCは摂っても、体内での蓄積は見込めないため
食事からの摂取で不足しないよう意識することはとても重要な視点です。


カラダを温める要素とともに、
ビタミンCの多い食材を摂るよう心がけてみてください。


化粧品ばかりに目を向けるのではなく、
普段の生活から、美肌生活を心がけていきましょう!




======

美肌を育てるメソッドを、メルマガでお伝えしています。
登録はこちらから。
http://cosme-review.com/url/lnk/blmm/

======



Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top