Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

<糖化にも注目すべし!>肌老化の原因は酸化だけじゃないという事実。



抗酸化は随分前から耳にすることがありますが、
抗糖化という言葉も聞くようになりました。



簡単に言えば

酸化はサビ
ring-896383_640
糖化は焦げのこと。
creme-brulee-802049_640
なんでも焼くと焦げ目がつくのと同じで
細胞が茶色く焦げるというものです。

おこげは美味しかったりしますが、
細胞が焦げるというと恐怖でしかありません。



方程式は
「 糖 + タンパク質 + 体温 = 焦げ 」


糖化が進むとどうなるかといえば、
細胞が硬くなってもろくなり、本来あるべき機能が低下します。


肌で言えば、透明感がなくなり、くすむ。
これが代表的な糖化が作り出す肌悩み。

その他には肌のたるみ、乾燥などの原因にもなると言われています。


若い女子であればあるほど肌が「つるすべ」なのは
糖化が起きていないから、とも言われているほどです。



糖化したら元には戻らない

さっき食パンでお話しましたが、
焦げた食パンは、焼く前だったふわふわの状態に戻ることはありません。
これと同じで糖化した細胞は、元に戻ることはありません。

食パンであれば食べれないほど真っ黒になれば、
消臭アイテムとして使うか処分するかしかありませんが
肌の細胞はといえば、なくしたいからと言ってなくせるものではありません。

そしてこれが、名前だけは魅力的な「活性酸素」を発生させます。

活性酸素が肌に与える悪影響はこちらから


活性酸素も老化の原因になっています。
ほとんどの病気の原因とも言われています。

糖化をできるだけ防ぐことができれば
体内の活性酸素も減らすことができるってわけです。



糖化を防ぐことは、健康にも美容にも良いことしかありません。

糖化に気を付けよう。
この記事を読んでそう思って頂ければ嬉しいです。





で、ですよ。




さっきの方程式を見てみましょう。
「 糖 + タンパク質 + 体温 = 焦げ 」

この方程式のなかの
糖、
タンパク質、
体温。

この3つが合わさることで糖化が起こるわけですが、
タンパク質、体温共に、必要不可欠なものであり、欠くことはできません。


タンパク質はご存知のとおり、
生物すべての生命現象を担う基本的な物質。

タンパク質の不足で起こる現象としては

:髪の毛が痛む
:筋肉が減る
:肌荒れが起きる
:ハリがなくなる
:免疫が低下する
:集中力が衰える


などなどあります。


よってタンパク質を欠くことは、よくありません。



この中で「糖」だけが、減らすことができるものであるということです。



糖ってなに?

糖は「糖質」なんて言われたりしますが、
漢字で見れば、甘いものが糖質、と思われがちです。

糖質源は、砂糖でんぷん

でんぷんとは、穀類や芋類です。

よく聞く、「炭水化物の摂り過ぎ」という言葉は
「糖質の摂り過ぎ」と同意であるということをしっかり覚えておきましょう。


糖質を控えることで糖化を防ぐことができる。

糖質も大切な栄養素ではあるので、ゼロにしようとは言いませんが、
摂り過ぎには注意する必要がありそうですね。


わたしも体型改善に向けて
糖質制限をしています。


いつかこの場でお腹が披露できる日が来ることを
楽しみにしていてください(笑)






Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top