Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

コンディショナーとトリートメント、明確な違いに注目してみた

最近髪の話題が多いですが、
昨日メッセージをいただいたので
引き続き髪の話題。



以下抜粋です:

リンスとトリートメントはどう使い分けますか?
髪の毛には命をかけていて、
でもイマイチよくわからないでいることに気づきました。
参考にしたいので教えてください!




昔のことを思ったら、
シャンプーも然り、
トリートメントもかなり豊富な種類がありますね。


Shampoo
Shampoo / beverlyislike

何が自分にあっているのか、何が必要なのか。
わからずになんとなく使っている場合もあるかと思います。




ちょっと細かい話になりますが、
どう使い分けて言ったら良いのかという点でお話していきます。




しかしあれですね。
みなさん美意識が高いですね!



こういうメッセージをいただくと、
テンションが上がります。



いつもありがとうございます^^



リンスやコンディショナーやトリートメント。
そしてその中でも洗い流すタイプや、乾かすときに使うタイプ。
いろいろありすぎて混乱しそう・・。



それぞれがどういう効果をもたらしているかって
考えたことありますか?




せっかく使うなら、効果的に使いたい。
そのためには、その物自体の効果、役割を知る必要があります。




それぞれの役割について確認してみましょう。




それぞれの役割

まずシャンプー

シリコン シャンプーブラシ ブルー 32709
これは言うまでもなく、頭皮や髪の汚れを落とすもの。


昔と比べてものすごい種類のシャンプーがあります。
アミノ酸系からベタイン系、いろいろありますね。



シャンプーについても書き出すと
長文記事が出来上がりそうです(笑
近いうちまとめて記事にしたいと思います。



そしてコンディショナー
MIST  ツーウェイディスペンサー ミスト スクエア コンディショナー ホワイト
今はリンスよりコンディショナーの方が聞きなれた感じがしますね。
比べて見ると、
コンディショナーのほうが
効果が高いとされています。


そしてコンディショナーやリンスは、
髪の毛のコーティング、
髪の表面に作用するもの
で、
髪内部に浸透するものではありません


最後にトリートメント
マリアンナプラス 煌髪(キラリ) 白髪用カラートリートメント(ブラック)


トリートメントで白髪染めなんていう商品も出ていますね。



トリートメントは表面+髪内部にまで浸透するケア剤のため、
含まれる成分によってかなりの価格差が出てきます。



役割を踏まえて考えてみると・・

上に書いたように、
コンディショナーは、名前だけ見れば
コンディションを整えるものなのは明確。


しかしながら、表面的な効果しか得られないということ。



トリートメントは髪内部まで浸透してケアしてくれるものなので、
髪のダメージが気になる場合は、
コンディショナーではなく、トリートメントを使う必要があるわけです。


使う順番が肝!コンディショナーとトリートメントの意外な盲点!

コンディショナーとトリートメントの違いをお話しましたが、
美意識の高い人が多いこのご時勢、
髪のケアも万全で、
トリートメントもコンディショナーも使ってる!って人は多いです。



なんとなくのイメージでトリートメントは最後の仕上げ!と思ってる人、
少なくないようですが・・・。



実はこれって大間違い。



先ほどいったように、
トリートメントは髪の内部に浸透するケア剤。
そしてコンディショナーは、髪の外側をコーティングするもので
内側に作用してくれるものではありません。




ということは・・・・

そうです、

トリートメントはコンディショナーの前にする必要があるってことなんです!!


トリートメントの違い

では同じトリートメントでも
お風呂のなかで使うもの、
お風呂の外で使うものとの違いを見てみることにします。



まず お風呂の中で使うトリートメント
シャンプー後の汚れを落としたきれいな状態の髪、
そして濡れていることでキューティクルも開くので、
髪内部まで浸透しやすくなるメリットがありますね。



髪を乾かすとき、
ブローするときに使えるトリートメント
主に髪の外側、表面に働きかけるケアになるので
コーティングすることで髪の水分を飛ばしにくくしたり
絡まりにくいサラサラヘアを作るのに長けています




今は、お風呂の外で使うトリートメントも、
熱を加えることで髪に浸透する処方のものもあったりで、
ほんと、たくさん並んだ商品を
ひとつずつ見てると日が暮れそうです。






要は、あなたの今の髪の毛の状態を知り、
そこからケア剤を選ぶことが大切。


肌に合った化粧品を選ぶのと同じ原理です。



自分の肌は自分でつくっていくもの。
これが私のモットーです。




楽天でみる、
トリートメントのリアルタイムランキングはこちら











Facebookでコメント

Return Top