Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

集中ケアコスメを効果的に使うヒントは使うタイミングにあった!

女性ホルモン。
これについて話すと日が暮れてしまいそうですが
ここでは肌とホルモンの関係についてお話してみたいと思います。

昔のエステ勤務で得た知識をシェアしたいと思います。

女性ホルモンってなに?

女性らしさのためのホルモンでしょ?

こう思ってる人も多いですが・・・。




正解です(笑




もう少し細かく説明すると
女性ホルモンと言われているのは
  • 黄体ホルモン

  • 卵胞ホルモン
この2種類。


黄体ホルモンは、簡単に言うと妊娠に関わるホルモン

卵胞ホルモンは、女子特有の身体の発育を促進するホルモン

いわゆる女子周期でホルモンの分泌量が変化して
わたしたち女子の肌はモロに影響を受けたりします。
SnapCrab_NoName_2014-4-21_13-42-53_No-00 参考:ソフィ-ユニ・チャーム

ちなみにわたしは肌の様子で
「あ、今日か明日で排卵か」とかわかったりします。
そしてあの鈍痛と付き合わないといけない日の前、
数日は肌荒れしやすくて困るし(´・ω・`)

このように、月のサイクルに合わせて
1ヶ月の間に、肌には劇的変化が起きています。


「周期に合わせて」って、いつが一番肌の調子がイイの?

気になるところはここだと思いますが、
答えは
排卵日を真ん中にした4~5日。

※排卵日は、鈍痛の日々の開始から約2週間前とされています。※

肌が元気なその時期に合わせて集中ケアをすると、
一段と輝きが増すわけです。

肌不調になりがちな時期は集中ケアの予備力発揮!?

ちょっと複雑な言い回しですが、
これすごい大事なとこなので覚えていってくださいね。

排卵周辺で集中ケアをすることで、
格段に効き目がUPすることはお話しましたが、
排卵周辺で集中ケアすることには、
それ以外にも利点があるってこと。


なんとっ!
排卵周辺にする集中ケアの効果は 貯金できる ってこと。

え?どういうこと?って思ったあなたへ


女性周期によって肌は日々変化していることはお話しましたが、
その肌が不調になる時期。
その時期まで集中ケアの効果は持続してくれるんです。

その集中ケアの効果が予備力を発揮してくれるっていうんだから
同じ集中ケアをするなら、
身体の周期を考えてケアしたほうが
断然効果が出るよってこと。

毎日はできないから週末だけスペシャルケアを取り入れたりする人は多いと思いますが、
排卵日周辺の肌が元気な時に集中的に贅沢ケアをすることは
美肌への近道になるということ。


鈍痛開始から2週間?鈍痛開始から2週間前?

これ、排卵日の目安の話ですが、
「排卵日って生理開始から2週間後」って覚えてる人多くように思います。

このブログを見てくれてるひとは、子持ちの方も多いので
ご存知のかたも多いとは思いますが念のため。

一番最初に話した女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンの寿命は2週間。
黄体ホルモンの寿命はみんな同じです。

排卵日は人によって違ったりズレたりするので、
排卵日の目安は、鈍痛開始から2週間と覚えましょう。

2週間後だとわかりやすいけど
「2週間前」ってなるとデータを取る必要が出てきますね。


そんなときに活躍するのがこれ!

わたしもう何年も使ってて、
体調管理はもちろんだけど、肌のケアにも役立ててます★

無料なのでぜひ~♪




女子の周期に役立つアプリは他にも無料で出てます。
一度探してみてくださいね(^ー^)ノ






Facebookでコメント

Return Top