Read Article


【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

せめてこれだけは知っておくべき、肌の基本構造

とにかくイイモノを使っていれば
肌老化は防げるはず!



そう信じて、ひたすら高級化粧品を買い漁る。



そんなスキンケア生活を5年以上続け、
お金をかければ肌老化は防げると思い込んでいたものの
一向に肌は改善しない。
それどころか、老化は進む一方・・



なんとかなりませんか?という相談をいただき、
35歳、Hさんの個別の美肌コンサルをさせていただいています。



ブログを見てくださる方からメッセージをいただく中で、
こういった方が少なくないと感じています。




もちろん気持ちはわかります。

  • 少しでもキレイでいたい。

  • 少しでも老化を遅らせたい




そう思うのは、女性なら当然のこと。
逆に何も思わなかったらさみしい。



わたしだって同じです。




そしてこれだけ誰もが美意識が高く、
情報量も増えたこの世の中では
「高級化粧品が良い」と定義づけされるのも無理はないのかもしれません。




高級化粧品も良いですが、
少しの知識は最大の美容液にもなり得ます。


ちょっとした知識を得ることでお手入れに差が生まれ
そのケアの継続が、
結果として○年後の肌を作り出すことになります。




スキンケアをする上でこれだけは知っておくべき構造を
まとめてみました。


皮膚の構成。表皮、真皮、皮下組織

スキンケアをする上で知っておくべきは、
この3つのなかでも表皮、真皮の2つ。


ひとつづつ構造を簡単にお話したいと思います。


表皮

一番表面の、目に見える部分です。
顔に関しては、0.1mmほどの厚さしかありません。


話はぶっ飛んでしまいますが、
ちなみにこれ、わたしの愛用ペン↓
2014-09-18 11.35.57 (ペン)細さ、(表皮)厚さと単位の違いはありますが、
極細で、0.38mm。


表皮の厚みは、この半分以下ということですよ。。


2014-09-18 11.56.24



あれ・・?
イマイチわかりやすさに欠けますね、すみません(笑





話を戻して・・・



表皮の中でもいくつか層がありますが、
一番外側にある角質層は、皮膚を守る役割を果たしています。
角質層の厚さは、なんと0.02mm


0.02mmと言ったところで想像しにくいですが、、、



あ!そういえば わたし。


少し前にこれを買いました。
2014-09-18 11.37.04 2014-09-18 11.37.56
これ、0.01mmのラインが引けるっていうやつです!!
ライナーあるあるの、あの隙間を埋めるのに重宝しています!



っと・・・
0.02mmの角質層の話をしてるのに
ここへきて、それ以上に細く引けるというアイライナーの登場(笑








話がごちゃごちゃしてしまったのでまとめると、
角質層の薄さは、例えるなら
わたしの愛用ペンの半分以下で、
メイベリンのハイパーライナーはもっと細いよっていう・・・
着地点がどこなのかよくわからないって話です。



stamp-114438_640
おっと!おふざけはこの辺にしておいて・・・
真面目モードに戻します!




角質層は、新しい細胞が生成されることで下から押し出されて
表面に出てきたもの。
その角質細胞が規則的に並んだ状態で、
その間を埋めるように※角質細胞間脂質が存在していて、
それが肌の潤いを守り、さらには外敵からも守っています。
※角質細胞間脂質→セラミドを主とする脂質
SnapCrab_NoName_2014-9-18_10-44-6_No-00 引用:お肌ラボ


上の画像の一番下が、作られた新しい細胞。
これらの細胞が上に押し上げられ、一番上に上がって垢となって剥がれ落ちるまでを
みなさんもご存知のとおり
「ターンオーバー」と言います。



このサイクルが食生活や睡眠、そして加齢なども原因となって
ターンオーバーサイクルが乱れてしまうことが、
肌トラブルや老化の原因となるわけなんですね。




真皮

真皮はどこにあるのかというと、今までお話した表皮の下。
SnapCrab_NoName_2014-9-18_12-5-39_No-00 出典:女性のための美容まとめ
真皮の約70%は、コラーゲンで出来ていると言われています。
そしてそのコラーゲンを支える役目を果たしているのがエラスチン。

弾力、ハリを保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチン。
これらの変性や劣化、減少などが原因でシワやたるみが現れます。


少し話が逸脱しますが、
化粧品に含まれるコラーゲン。
これは真皮にあるコラーゲンを増やす働きはありません。
表皮で保湿成分として働いています。




肌構造の基本に基づけば肌は蘇る

これを分かっていれば、
肌にとって何が良いのか、見えてきませんか?



0.1mmの表皮、
もっと言えば0.02mmの厚みしかない角質層。
それなのに
ゴシゴシ洗ったり、毎日取り除くケアをしたり、
良かれと思ってしていることが
実は肌にとって刺激になっていて、
それを続けていれば肌は傷み、
それが老化に繋がるというのは明白ですよね。



やみくもに化粧品に頼るよりも、
基本の肌構造を知った上で
今必要なものを見極めていくことは
美容にかけるお金も最小限に抑えられ、
美容に楽しんで取り組むことができると思います。



金銭的に背伸びする必要もなく、
今の肌と向かい合って
どんな状態なのかを知る上でのケアならば、
高級化粧品に限らず、肌は確実に答えてくれますよ。


お知らせ

フォーラムを作りました。
まだテスト運営ではありますが、
あなたの肌悩みや
わたしに対して何か言いたいことなど
何かあれば残していっていただけると、
飛び跳ねて喜びます。
下のリンクからお願いします^^


※記入欄のメールアドレスは適当でもOKです(笑


→ フォーラムはこちらから








suiso-mezame

Leave a Reply

*

Facebookでコメント



Return Top