Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

プチプラ最強!NIVEA青缶とハトムギ化粧水がすごいよ!

以前ちらっとおはなししましたが、
ハトムギ化粧水がとても優秀だという情報を得て、
いつものドラッグストアで買ってから、
全身には精製水で薄めて使い、
顔にはもちろん原液で愛用中です。

関連記事:パーツモデルに学ぶハンドケア

このハトムギ化粧水。
2014-02-03 09.58.05 ソンバーユもそうだけど、昭和臭がぷんぷんする風貌。
見たことはあったんだけど、その情報を聞くまで手にとったことはなくて。
興味を持ってから色々調べてたら、
以前紹介した水溶きオロナインも勧めてる佐伯チズさんもオススメしてました。
なんといっても安い!
「大丈夫?」ってくらい安い。
「プチプラも大概にしとけよ!」ってくらい安い。
500mlで700円弱で買えちゃう。
500mlっていったらコレ。

ジュースと同量で700円って。
化粧水だよ?
安すぎるんじゃないのかと。
安すぎも不安になる年頃、32歳。
ちなみに化粧水の量って100~200mlが一般的。
それでお値段もピンキリ。
種類がありすぎて、自分に一番合ってるものに巡り会うのは至難の業かもしれません。
化粧水って一気に大量使いするものでもないし、ハトムギ化粧水はコスパも最高。
逆に「安いから量を気にすることなく使える」という意味では
個人的にはBODY用に使うのが超オススメだったりします。
一番興味があったのは、NIVEA青缶との相性が抜群ってところ。
サラサラのさっぱりタイプの化粧水で、肌荒れの改善にとても効果があるんだそう。
生理周辺のホルモンバランスが乱れる影響か、月に数日肌荒れするわたしですが
この化粧水にしてからは目立つ肌荒れはしなくなりました。
お安いことも手伝って、ローションパック大好きな人たちにはプチプラなのに優秀なこのハトムギ化粧水は大人気。
「昔からあるものには、生き残るそれなりの理由がある」ってことを改めて実感しました。
NIVEAもそう、ソンバーユだってそう。
「人と同じ、見た目で選んじゃダメだぞ」ってことですね!うん、いいこと言った。

「ハトムギ化粧水+NIVEA」でスキンケア

まず洗顔後
2014-02-06 11.45.54 スキンケア前の肌診断はこれ↓
2014-02-06 11.47.46
    • ハトムギ化粧水を少量づつ肌に浸透させる。
以前触れましたが、肌は一度に受け入れる量に限度があるため、少量ずつ入れ込むことが大切です。
化粧水を入れても入れても保湿が実感できないって人は、
こちらの方法がオススメ!↓

ミルフィーユ塗り


  • 少量ずつ丁寧にハンドプレスしながら入れ込む。
  • 入れ込んだあと、少量のハトムギ化粧水をパパッと顔に乗せる。
肌の上に水分を残す意味は、
NIVEAの硬さを軽減し、
肌の上で伸びやすくするためです。

  • NIVEAを手にとって広げる
2014-02-06 11.51.56 そして塗った感じはこちら↓
2014-02-06 11.53.18
そしてハトムギ化粧水+ニベアでスキンケア後の肌診断の結果↓
2014-02-06 11.58.23 ハトムギ化粧水とNIVEAで20点UP!
肌の拡大画像はこれ↓
2014-02-06 11.58.29
この画像でうんぬんの前に・・・・

3ヶ月前のわたしの肌をご覧下さい

前に、NIVEAでこんなに変われる!っていう記事を書いて肌の画像を載せたんだけど、
今思えば「よく晒せたよな」ってほどひどい状態で(笑
その時の肌でNIVEA使ったあとの肌の拡大画像がこれなんだけどね。↓
2013-12-05 20.37.57 キメが粗いし、肌に柔らかさがないし、おまけに乾燥してる。
NIVEAケア前はもっと酷くて、最低最悪。
ほんとにヒドイ状態。
当時のNIVEA前、洗顔後の肌画像がこれ↓↓
2013-12-05 20.33.07 キメ、皆無やん(笑
この時は去年の12月。
今でちょうど3ヶ月ほど経ってるわけだけど、
キメが整ってきてるのがわかりますよね。
肌拡大画像でこれだけ変わると、肉眼でも肌の印象がだいぶ違います。
以前使ってたのは資生堂のクレドポーボーテシリーズ。
クレンジングから洗顔、化粧水、乳液、クリームなどラインで揃えて数年使っていたわけですが。
でも明らかに高いものを使ってない今の方が肌質向上しているわけで。
もう資生堂のカウンターに行くこともなくなりました。

結局何が言いたいのかというとね?

高いものを全否定してるわけではありません。
高くてイイものもあるのは事実。
ただ私には合ってなかった。
 「高いものだからイイものなんだ」
「これを使ってたら間違いないはずだ」
こう信じてたんですよね。
何も疑ってなかった。
化粧品には安いものから高いものまでいろいろだけど、
高いもの=イイものとは限りません。
そりゃ美容にかけるお金はかからないほうがイイに決まってるけど、
肌は確実に老化していく事実がある。
諦めるなら話は別だけど、
「少しでも老化を食い止めるんだ!」って気持ちは誰にでもあるはず。
そこでいろんなものを試して肌に合うものを使うことはとても大切なこと。
アンチエイジングを目指すなら、いろんなものを使ってみるべきだと思っています。
今のケアでなにか物足りなさを感じることがあるのなら、
いろんなものを試してみる価値はあるんじゃないのかなと。
高いものを使え!ってことじゃなくて。
これはもう個人的な意見になっちゃうけど、
化粧水や乳液にお金をかけるよりも、
保湿成分を創りだす肌機能を向上させる美容液に重点を置いて、
美顔器を使ってその手助けをするというほうが、
わたしには合ってたのかなってこと。
新しいものが次々と出て、
今、味の素のスキンケアで紫のクリームとかってCMにめっちゃ興味あるわたしですが。
試してみることは悪いことではないと思うんです。
だからわたしは一生ジプシーしまくるつもりです!!


URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top