Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

ベビーパウダーがここでも使えた!ひと手間でアイメイクがキレイに仕上がる方法

アイメイクをしてて、
上瞼に付けてるのに、塗るときに粉が舞って不本意なところに色がついてしまって

「あ”ぁぁぁーもうっ!」 ってなるときってありませんか?


この歳になってあまり使うこともなくなってはきたけど濃い色をアイメイクに使う場合、パンダみたいになってしまったりね。
panda
ちなみにこれはレッサーパンダなんですけどね。
うん、可愛い!(´▽`)



急いでる時に不本意な部分を丁寧に落として、またファンデを重ねて・・なんてやってると、
時間もかかるし忙しい朝にイライラしちゃったり。

でももう化粧をし始めて数十年・・。
自分の人生の半分以上過ぎてるじゃないか!!


そんなに化粧し続けてりゃぁ、そういうもんだから気をつけなきゃっていう
守りの体制で最初から慎重に挑むようになったり、
なにより歳を取って身も心も丸くなっていろんな経験を積み重ねて、
そんなことくらいでイライラしてたら生きていけねーよって学んで、
結果時間がなくてもマイペース。
終いには、約束の時間に遅れても「ちょっとくらいいっか♪」なんて気分にまでなってしまうような。
え!?図太くなってきちゃった?
こういうのは年の功ってことで収まる範囲で大丈夫?


・・・・。 (◞‸◟)






話を戻します。


だいぶ遠回りしちゃいましたが要は、瞼にだけアイメイクがしたいのに、ほかのところについちゃうことを未然に防ぐ裏技があった!ってこと。
すごいでしょ?

わたしもこれ見つけたときは興奮しました!


早速詳細をば・・・。


やってみたので画像貼っていきます。



ラメ入りパウダーホワイトシャドウを全体に、淵は濃いピンク系シャドウを入れました。
裏技なし、逆側は裏技有りで比べてみます。


先に結果から。


裏技なしのほう
2014-01-09 11.00.19

つづいて裏技ありの方
2014-01-09 11.02.32


全体にぬるラメっぽいのが瞼以外のところにつくと、意外と厄介。

さっと拭き取れば取りきれることもなく、お直しするのに結構時間がかかりますよね。


それを回避するために使うのがベビーパウダー!!
どうやったのかというと。


ベースメイクが終わってアイシャドウを付ける前に、
普段シャドウが落ちやすいところにベビーパウダーを乗せるだけ。


このように↓
2014-01-09 10.49.09

それからアイシャドウをつけると、落ちても大丈夫。

アイシャドウを塗り終わったら、ハケで軽くシャッシャってやると、
あら不思議。

ベビーパウダーと一緒に一掃できちゃいました!


このときの刷毛は、仕上げパウダーを付けるときに使う刷毛でもよ良し、ファンデで使ってる刷毛でも良し。
刷毛に色がついてるとすれば肌色系なら問題なし。
別の色がついてると、言うまでもなくその色が肌に乗ってしまうので注意。


これ、ほんとに使える!

ベビーパウダー万歳です♪


ひと手間だけど、ホンの数秒。
これで舞い散ったシャドウを取り除く手間も省けるなら、比べればだいぶ時間短縮になるはずです。
ぜひやってみてください。


ベビーパウダー使えます!!一つ持ってるといいですよ♪


わたしが使ってるのはこんなの↓



ベビーパウダー関連記事:

  • ベビーパウダーでファンデいらないってホントなのか確かめてみた

  • どうしてもパウダーファンデがよれちゃう人に朗報! 



  • 追記

    昨日のアンケートでは、顔マッサージをやってるか否かを教えていただきました。
    やっぱりみなさん美意識高いんですね~。
    顔のマッサージ、たまにとは言えど、やってる人がこんなにいるとは。
    エステ時代のお客さんも、家でやってるって人、ほとんどいなかったですからね。

    毎日少しでもやることが、とても大切。
    一緒にがんばりましょ~!!ヽ(・∀・)ノ



    にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ



    URL :
    TRACKBACK URL :

    Leave a Reply

    *

    Facebookでコメント

    Return Top