Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

クマの撃退方法をとことん試してみる(改善編)

クマ撃退!といっても動物の熊じゃないです。
目の下のクマです。

クマといっても、種類は主に3つあります。

  • クマ



  • 茶クマ



  • クマ



  • こうやって種類分けしても、動物のクマのイメージが拭いきれなくて
    白くまはないの?って言いたくなりますが。

    まず主に3種類からなるこのクマの種類ですが、
    どういったものなのか書いてみます。



  • 青クマ
  • メジャーなのは寝不足や疲れなどからくるクマ。
    これは比較的改善が可能。
    温めたりマッサージ、よく寝ることから改善されることも。









  • 茶クマ

  • シミ、くすみ、色素沈着によって出来るクマ。
    目をこすったりすると色素沈着が起きます。






  • 黒クマ

  • むくみやたるみによってできる影でより一層強調されるクマ。
    加齢によるシワやたるみが主な原因。
    30代を過ぎたころから急激に増える悩みの一つ。




    クマがあるのとないのとでは顔の印象が全く違う
    これはやっつけるしかない!って思うけど、
    うまくカバーしてくれるコンシーラーがなかなかない!って思ってる人って
    結構多いと思うんですよね。私もそうでした。
    隠す方に力を入れてしまいがちだけど、
    根本から改善するにはどうしたらいいのか考えるようになりました。


    私もクマにはずううううっと悩まされていて、
    いろんなものを試してきました。

    目の下のクマがすごく気になってて、
    年々年を重ねるごとに目立ってきてるような気が。

    beautelligence-ato

    ほらね?(笑
    肌の調子はトライアルで実践したエッセンス浸透器のおかげで絶好調!
    この写真は浸透器使った直後の写真だから ぷるぷる肌 になってるはず。
    それはいいんだけどクマは保湿じゃカバーできないし(笑

    クマの対処法って調べてみると、いろんな方法が出てきました。




    1. コラーゲンを増やす

    2. リンパの流れをスムーズにするようにマッサージしてむくみを解消する
    3. 下まぶた、ほほの筋力UPして筋肉で支える力の強化
    4. 体を冷やさない生活習慣を心がける



    手軽にできる方法は

  • マッサージ
  • 眼球周りの骨の沿って指圧するように内側から外側へやさしくマッサージ※目の周りの皮膚は身体の中で一番薄く、卵の薄皮程度しかないと言われています
  • 筋力UP
  • 上瞼を下がらないように軽く押さえて
    下瞼を閉じる意識をもって瞬きをする動きを繰り返す

  • 体を冷やさないようにする
  • 目の周りの血行をよくする。

    筋力UPの瞬き法、これ私もやってみましたが、なかなか難しい(笑
    できなくても意識することが大切のようで、
    繰り返すうちにできるようになるみたいなので実践あるのみですね!!

    意識することで少しでも大敵クマが目立たなくなってくれるなら!
    ちょっと続けてやってみようと思います。
    こうやって調べてると欲しいものがどんどん増えてるような(笑


    保湿、血行っていったら・・・
    目元エステ欲しいっ!!!!

    ↓こんなやつ





    今年も私のとこにはサンタさんこないのかな・・・なんてぼやきつつ、
    次回はクマ隠しの術をとことん試してみたいと思います!

    にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ


    URL :
    TRACKBACK URL :

    Leave a Reply

    *

    Facebookでコメント

    Return Top