Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

「たるみ」について事実と向き合ってみた。

タルミといえば、
30代の女子から気になる代表の肌悩み、
涙型のたるんだ毛穴。

SnapCrab_NoName_2014-4-29_17-28-4_No-00 毛穴がたるむと
化粧がキレイに乗らないし、
化粧が落ちてくるとファンデーションが毛穴に入り込んで
余計に目立ってしまう状況に。

タルミが起こるのは、
表皮の奥にある真皮のコラーゲンやエラスチンの変化や減ることが原因。


それが理由で全体の組織が崩れることになって
それがタルミやシワへとつながるといった理由からです。


シワは肌の記憶でしかないと
ここで何度かお話していますが
シワは、タルミから引き起きる場合も大いにあります。

タルミが現れる場所について
ちょっとここでまとめてみたいと思います。

少し現実的なお話を(笑

タルミ毛穴

これはタルミの中でも初期中の初期。
この時点で気づいて、なんとかしなきゃ!と思う人は
この先に進むであろうタルミ地獄に悩まされることは少ないかもしれません。

「キレイ」は意識がないと近づけることはない。

タルミ毛穴に気づくことなくそのまま放っておくと
毛穴だけにとどまらず
そこらじゅうが弛んで老化の一途。


a0002_006970 目に見えている結果ですよね。


タルミ毛穴は若い頃はなかったはず。

2014-01-28 20.57.42 これは我が子の肌画像です(笑

拡大画像でもわかるプリップリぶりにびっくりです。

わたしだって子供のころはこんなふうだったはず。

今はこれだけども。


2014-01-28 20.59.11
若い時はハリのあるコラーゲンが毛穴を支えられたのが
加齢とともにコラーゲンが緩んでしまうため
毛穴を支えきれなくなって毛穴が涙型に開いてしまうのです。

涙袋

整形で涙袋を作る人もいるし、
化粧で涙袋を作るのも流行っていますよね。

これがタルミからくる涙袋だとどうでしょう。

イメージが全く変わってしまいます。

目元の皮膚は薄くて、
卵の薄皮程度と言われているのは聞いたことがあると思います。


Eggs
Eggs / cursedthing


その薄い皮膚がたるんで、
目の周りの脂肪を支えきれなくなって下がってしまうことで
下まぶたの皮膚が膨らんだように見えるわけです。

2重あご

体重が増えたわけでもない、
太ったわけではないのに


いつの間にか2重あご・・

これもタルミの代表ですね。

顔のなかで一番厚くて重い場所は
頬から顎までの脂肪


それを支えきれずに伸びた状態、
要はたるんだ状態になってしまうので
2重あごになってしまいます。

ほうれい線

これもシワというよりは、タルミが原因といったほうが近いかもしれません。

2重あごと同様、
頬周辺の脂肪を支える皮下組織や筋肉がたるんでしまうことから
頬全体が下がってしまうので
それが線となってシワになってしまいます。

たるみまとめ

タルミもシワも、
真皮のコラーゲンの形の変化や現象が理由でなる現象ではありますが、
カラダ同様、筋肉を鍛えることでかなり改善することができます。

コラーゲンの変性を改善する成分としての目安は
ビタミンC誘導体レチノールなどが代表的。

今使っているものがそれぞれにあると思いますが、

たるみやシワに効果的な成分がどの程度入っているのか
以前書いた化粧品成分の見極め方で、一度確認してみてください。

でもね。


やっぱり化粧品だけに頼らないことも必要。


少しの努力の積み重ねで改善できることなので
お金をかけるより先に、筋肉を鍛えることも大切。

わたしも日々、割り箸使ったり器具使ったり、
必死に重力と戦っています!!(笑



Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top