Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

日々のスキンケアの意味、理解していますか?

shutterstock_85822057
「あー!また騙された!
この化粧品、
全然効かないじゃんっ!!」



こんな言葉をよく聞きます。





いろんな化粧品を試して、
使い切るまえにほかの商品へ乗り換え・・。

女性なら、経験のある方も多いのではないかと思います。



でも、よく考えてみてください。
化粧品には、今までに何度かお話しているとおり、
「肌を健やかに保って、老化を遅らせるもの」という定義があります。




・・・・・ということはですよ。


冷静に考えてみれば
「あー!また騙された!
全然効かないじゃんっ!!」の言葉は
ある意味、当然のことだったりするわけなんですよね。




俗にいう肌トラブルを「治す」のは
化粧品の役目ではなく医薬品の役目



こう考えると、もう化粧品なんて使わない!と
思えてきてしまいますが、
化粧品を使うことを一切やめてしまったらどうなると思いますか?






そうなんです、
ただ単に、老化が進むだけ・・。



やめてみればわかるのは、
肌に愚直に現れる、
「化粧品を使ってきた意味」です。




繰り返しになりますが、
化粧品とは、
「肌を健やかに保って、老化を遅らせるもの」です。



極端な話をさせていただくと、
美容整形で、
最新の技術を酷使して、
若いころの肌のように戻すという施術を受けたとします。



施術後に落ち着いたとき
鏡を見れば
若々しいもっちもちのお肌と対面できたとしましょうか。



考えてみてください。
その後、お手入れは必要ないでしょうか。









そんなはずはなくて、
やっぱり日々のスキンケアは必要なんですね。



スキンケア商品は

  • 肌を清潔に保ち


  • 見た目を美しくする目的で

  • 皮膚に塗布し、効果の緩和なもの。





と定義されていますが、

この中には、使い続けることの意味が隠されています。




全然効かない!と嘆いてしまう背景にあるのは、
化粧品メーカーの
「これを使えば激変!」とも取れてしまうような
過度な広告なども原因かもしれません。



スキンケアの大切さを今一度、
振り返っていただきたいと思います。




肌は一日で作られることはありません。
日々の積み重ねで作られていきます。




ストレス満載、
食生活も乱れ放題の生活があるならば
少しずつ改善し、
美容で必要な「少しの努力」を継続する。


そこに背伸びした化粧品なんて必要ありません。



そんなことをしなくたって
肌は劇的な変化を起こすことを
わたしは確信しています。




































Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top