Read Article
【こすめまにあ的ポリシー】

キレイを創るのに必要なのは、キレイを愛すことだけ。
わたしが見つけたキレイの本質、嘘偽りなくあなたにお届けします。


こすめまにあ監修美容液、好評発売中!

SnapCrab_NoName_2015-5-23_16-3-1_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_10-7-9_No-00
SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-45-25_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-37-40_No-00SnapCrab_NoName_2015-2-14_9-29-57_No-00

背中を出す季節。背中ニキビが気になる人、これに気をつけて!!

汗ばむ季節。
露出する機会も増えますね。

薄着になることで見えてしまいがちな、
背中ニキビ、胸元のニキビが気になる人は少なくないのではないでしょうか。




今日は背中ニキビや胸元のニキビ対策についてお話したいと思います!



背中、胸元にニキビが出来やすい理由って?

「ニキビは青春のシンボル」

なんていう昭和臭漂う言葉がありますが、
思春期だけに限らず、
カラダにできるニキビで悩む人は多いようです。

特に夏が近づいてくると、見るたびに

「はぁ。。」(◞‸◟) 

となってしまうこともありますよね。



背中や胸にニキビが出来やすい理由はちゃんとあります。



以前少しお話しましたが、
人のからだは、体の中心線部分に皮脂腺が多いので
必然的にその部分は皮脂の分泌量が多くなります。


そして背中は頭皮の次に皮脂分泌の多い場所


ニキビができやすいのも仕方がないのかもしれません。



顔の場合で言えば
オデコやアゴ、

体で言えば
背中や胸元などにできやすいニキビですが、

背中の場合は通気性が悪く
体を洗うときも手が届きにくく、目視もできない。


ニキビが悪化しやすい環境が揃っちゃってるわけなんですよね。



だからって諦める必要はありません。

背中は一度トラブルが起きると治りにくい。
そして厄介なのは悪化しやすいこと



だからそうならないようにするために、
予防ケアが何より一番大切になってきます。



背中ニキビを悪化させないためにできること

ニキビができないように予防するには、
まずこれが大前提。



皮脂や汗をしっかり落として清潔にすること



ね、当たり前のことでしょ(笑



でも、
それでもニキビが出来てしまうことはやっぱりあるんですよね。


清潔を心がけていてもできてしまった、、
そんな時に注意してほしいこと。


それは。





刺激を与えないってこと。


いつもどおりにナイロンタオルでこするなんてことは絶対しないで!!


刺激を与えると、ニキビが悪化するのはもちろん、
ニキビがやっと治ったと思ったらシミになっていたなんてことになりかねません。



清潔にしろというくせに擦ってはダメだという。。。




どうしたらいいの??








そんなときは、綿タオルを使いましょう!!


擦りすぎることもなく、低刺激。



そしてボディーソープを使っているのなら、
固形石鹸に変えること。



ボディーソープは界面活性剤を多く含んでいるので
感覚としては何もなくても、肌には結構な刺激を与えています。



そしてボディーソープは
洗いあがりがしっとりするタイプが多いと思いますが、
これは油分を配合しているから。


洗顔のしっとりタイプと同じ原理です。



しっとりさせるのが油分なので、
肌には油膜となって残り、ニキビの原因になります。




そして・・・



シャンプーをしたあと、
コンディショナーやトリートメントをする人がほとんどだと思いますが、

シャンプー→トリートメント→体を洗う→トリートメントを流す

この順番でやっているのであれば、
これは今すぐ変えましょう。



トリートメントがニキビ部分に残ると、間違いなく悪化します。



体を洗うのは最後。
トリートメントを流したあとに体を洗うこと。

余分なものを残さないようにしてみてください。



背中や胸のニキビは、
毎日が汗と衣類の刺激で悪化しやすい状況下にあります。



汗は仕方がないですが
衣類の刺激を避けるため、綿素材に変えるなどすると良いですね。




そんなこと既にやってるのに、全然治らないよ!って人へ

このようなケアをしても全然良くならない!
そんな人にオススメなものは漢方薬。



小さいあせも状の細かいニキビの場合は、
普段の上にあげたような些細なことを気をつけてみたら
良くなるはずです。



化膿したり、大きくて痛みがあるようなニキビの場合は
十味敗毒湯という漢方が効果があるようです。





まずはやっぱり
日頃の予防、ケアが大切。




できることから始めてみましょう^^





















Leave a Reply

*

Facebookでコメント

Return Top